ちゃるママです

私が夜勤の多さに体を壊して休職してから半年経ちます。
主治医の先生は仕事復帰の時の診断書には夜勤は無理だと書きますと
言っておられます。最短であと半年で復職です。
今は終わりの時間までしんどくていられないので1週間ごとに目標時間を決め
やっと14:30まで居られるようになってきました。
来週は15:00が目標です。
食べて、歩いてしか私が頑張れるところがないので、デイでのいざこざで
やる気ゼロ吉だった7月はバイク利用でしたが8月は「ふふふ~ん今までとは違うんだぜー」と
頑張って行き帰り徒歩でしたが先週の日曜日だか月曜に日付が変わってからか全然覚えていないのですが右足の薬指と小指に湿布が貼ってあり小指を見ると付け根が紫色になっており
「またやっちゃったよ」と思って病院行ったら「内出血だな、たいしたことない」と言われ
「いや、この痛さはそんなにかわいらしいものではないと思うのだけど・・・。」とぼやーんと
考えていたら「念のため写真撮る?そしたら何でもないってわかるから」で、写真撮影。
・・・・折れてんじゃん。そして先生は何事もなかったかのように「うちじゃあ出来ない処置だから、紹介状を書くから絶対今日中にいってね。」と言った。
市民病院に回され写真くれなかったからまた写真撮って薬指と小指を一緒にテーピングで巻いた。
ピンを通してギプスを巻くという話はどこへいったの?あとはまあ私にとっては頓珍漢な説明があり
(これを書くとまた長ったらしくなるので割愛)
なんか痛みはいつまで続くかとか、全治どれぐらいなのかとかアバウトでいいから教えてくれないし
私も待合室で車いすに乗りながら待っていたので疲れちゃってたし最後の方は爆睡していたのでそれ以上は「まぁいっかー」とうやむやのまま帰りました。今度の火曜日再診です。
ということで、またバイクで通っております。
やっぱり医者は嫌いだ。
[PR]
by charumama | 2016-08-20 21:59 | ちゃるちゃる家の様子 | Comments(0)

自宅トリマーな夫と猫8犬1と暮らしている線維筋痛症のおばさんのぐだぐだなブログ


by charumama
プロフィールを見る
画像一覧