平たい猫族

ちゃるくんが死んだとき、うっかり寝てしまった私。多分1~2時間ぐらいだったと思うんですけど
老衰で痩せてたので、死後硬直で抱えたら真っ直ぐ立っていました。
笑っちゃいけないとこなんですけど笑ってしまいました。

そして我が家の今の平たい猫族のきっちゃん。
つい最近、華子ときっちゃんとぴぐを連れて病院に行きましたら
華子以上にきっちゃんの痩せ方が酷かったのです。

もともと華子は術前の血液検査では問題なかったのに、歯をきれいにしたら
腎臓の数値が悪くなり、薬をのんでいたのですが今やすっかり元気な子の値になり、
心臓が悪いかもなぴぐは確かに僧帽弁が片方やや開き気味でそんなに神経質に
ならんでも良いとのこと。
そしてころちゃんより値の良かった(7月)きっちゃんがしょぼしょぼに。
今のころちゃんは毛艶も良く元気です。
うちの先生は「きっちゃんにもっとご飯を食べさせて太らせてください。」とのこと。

最近、思うんですけどいろんな先生がいろんなことを言って他の人の話を聞いたり
本を読むと悩むんですけど、結局はうーん飼い主の思うようにすればいいのかなと
思います。あんまり無知だと困りますが、わかっててやっているなら
それでいいと。と言うことできっちゃんご飯いっぱい食べろ作戦を実施中です。

追記、きっちゃんは今のところサバ、鱧、牛肉、穴子の食いつきがよく、
ブリも好きなようですが全部ブリ大根にしてしまったので食べていませんが
多分あげるとがっつり食べるだろうと思います。

[PR]
by charumama | 2017-11-11 22:27

自宅トリマーな夫と猫8犬1と暮らしている線維筋痛症のおばさんのぐだぐだなブログ


by charumama
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る