懺悔

まず、我が家に来ていた野良猫親子。
目ヤニで目が見えなくて車で子猫が轢かれたと聞き、
なんとかなつかせて手術してリーリースしようと思っていたし
隣の家にもそう話していました。
しかし、嫌がらせや、苦情が来て「処分してください」と
言われました。
うちで全部引き取ろうかと思ったのですが母がちゃるくんが
かわいそうだからやめなさいと。
そして知人を通して引き取って下さる方が見つかりました。
よく聞けばよかったのですが、小屋があって、そこにヒーターや
ご飯が置いてあり、自由に出入りできるようだったそうです。
最初に一番利発そうだった子が逃げ、次に女の子、そして愛嬌のある顔の男の子が
逃げ出したそうです。ご飯は食べに来ているとの話でそれ以来
お話がないままで今に至ります。
さすがにどう考えても今生きているとは考えづらいので他の子と一緒に
写真を貼って毎日お線香をあげています。
できれば室内飼いのおうちにあげたかった。

続く。

[PR]
by charumama | 2017-11-19 21:43 | Comments(0)

自宅トリマーな夫と猫8犬1と暮らしている線維筋痛症のおばさんのぐだぐだなブログ


by charumama
プロフィールを見る
画像一覧