「おばか」

動物も人の話を聞いているという話もあることだし
あまり、うちの子達の前では否定的な事は言わないようにしている、
でも只今我が家で唯一「ばかだねぇ・・・」を毎日言われている子がいる。
それはビリーなのです。
なんかね、おじくんの場合は、お砂食べちゃったり、カリカリをびしびし
たたいたり、ペットシーツをべーろべーろ舐めてたり、
幼少のみぎりには、カップに入ったお茶の中にだいぶ長いこと
足を突っ込んでいることに気がつかなかったりで
もしかして、「ちょっとむにゃむにゃかも」とは思っているんですよ。
でもビリーはでっかい声で「あんたばかだねぇ・・・」と言えるんですよ。
なんでも気になってがちゃがちゃと賑やかしに来ては
すぐに忘れて横っちょで違うことに夢中になってたり、
しかもよく嬉しすぎて興奮いたします。
おりこうさんかおバカさんか微妙な感じなのです。
でも「ばかだねー」と今日も言われるのです。
怪我も多くて、昨日も突進してひっぱたかれたのに
また今日も向かって行くとか(結構大きな怪我してます)。
「うっきゃー、うっきゃー♪」てな感じ。
ぴぐと調子よく遊んでてびょーんびょーんって跳ねてたら
2回目に後ろ脚を水飲みの中にぼっちゃん。というのも
先日やってくれました。
あっという間に立派な男猫になって、おしっこ撒き散らして
とーちゃんと、かーちゃんを泣かせて(本当に男の子のはクサイ)
そして、勇気を持って(もう耐えられなくて)手術してもらったら
しゅるるるる~ってこどもねこになった。嬉しい。
しかし、いつまでこどもねこなのだろうか?
ちびこがにゃんずでは末っ子だったけど、
のんびりしたこだったから(華子とプロレスはしてましたが)
なんだか覇気がなかったのよねぇ、夜だけ元気で・・・。
(最近は無表情だけど怒ってたりするのがわかるようになりました。)

しかし、彼は毎日すごく楽しそうです。
見ているこちらも楽しくなります。
ずっとおばかさんでいてください。

しかし白血病は大丈夫なんだろうな。たぶん。
[PR]
by charumama | 2008-10-03 15:26 | ちゃるちゃる家の様子 | Comments(0)

自宅トリマーな夫と猫8犬1と暮らしている線維筋痛症のおばさんのぐだぐだなブログ


by charumama
プロフィールを見る
画像一覧